舞鶴訪問記

少し前の話になるのですが
ジオキャッシャーの友人と舞鶴を訪問した時の話です。

舞鶴には現在でも海上自衛隊基地がありますが
その昔も海軍の軍港でした。

海軍施設を守るために
陸軍が明治30年頃に周辺の山頂に砲台を築いたようです。

今回は金岬砲台跡を訪れたのですが

道なき道を車で30分
車寄せから山道を40分程歩いたところに
忽然と森の中から倉庫が現れました。
Maizuru02.jpg

100年以上経過した施設とは思えないほど
良い状態で保存されており
Maizuru03.jpg

砲撃にも耐えれるように
頑丈に造られたのが想像されます。

砲弾も砲身も撤去されていましたが
道路さえもないところに
巨大施設を建築した昔の人は凄いですね。
Maizuru04.jpg

その後近くのハングライダー離陸場からの眺望と
Maizuru05.jpg

五老スカイタワーから舞鶴湾を一望させてもらいました。

Maizuru06.jpg

入り組んだ海岸と大小様々な島々が作り出す風景に
心癒された良き休日となりました。

スポンサーサイト

冬季休暇

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

冬季休暇中に以前
おとな旅あるき旅で紹介されていた

幻の五新鉄道と五條市から
そう離れていない九度山町も訪問させて頂きました。

五新鉄道とは、明治末期五條市から新宮市までを結ぶ
鉄道の計画線でありながら

レールを敷設することなく
列車が走ることもなく計画中止となり
20180106104110.jpg

一部を路線バスの専用道と
大阪大学の研究所として利用されている勿体無い施設です。
20180106104132.jpg

ただ橋脚があるだけなのですが
80年以上も前の建築物とは思えないほど
良い状態で保存されておりました。


その後、真田昌幸と真田幸村が蟄居していたと言われる
九度山町を訪問しました。
20180106104141.jpg

町内の至る所に真田家に関するのぼりがあり
大河ドラマ放映後の町おこし観光になっています。
20180106104122.jpg

駐車場の利用が17時まででしたので
急ぎ足で回りましたが
20180106104100.jpg

戦国武将の生涯を終えた場所である
九度山町での生活を感じ取ることができました。

機会があれば次回はゆっくり訪問させて頂きたいです。


友だち追加
LINE@友だち追加よろしくお願いします。

Googleマップを愛用活用しています

Googleマップは
携帯とパソコンをリンクさせるのはもちろんとして
検索した場所を地図に記録させることが出来ます。

以前は星マークしかなかったんですが

現在は
ハートマークのお気に入りリスト
旗マークの行きたい場所リスト
星マークのスター付きの場所と

別に自分でリストを作成出来るようになっています。

以前はマップが星マークだらけになって

「いったい何を記録したんだろうか?」

いちいち星マークをクリックして内容を確かめる必要がありましたが

今後は地図のマーカーが色分けされているので
いちいちクリックして確認する必要がなくなったんですね

もちろんリスト共有することも出来るので
友人に伝えたい時も便利ですよ


美味しんぼリスト

Googleマップの場所リストを作成する方法

友だち追加
友だち追加お願いします

須磨アルプスの馬の背

先日の休日は、ジオキャッシング友人に誘われて

須磨アルプスに行ってきました。

須磨浦公園駅に10時に集合して
まずは鉢伏山山頂を目指します。


途中、日本一乗り心地悪いと評判の
カーレーターに乗ってずるしましたが
Suma Alps01

乗り心地の悪さは健在で
10年ぶりに楽しませてもらいました。


鉢伏山山頂の茶屋は残念ながら
閉店されていたのですが
Suma Alps02

淡路島から和歌山方面までの開けた眺望は
仕事の疲れを忘れさせてくれます

鉢伏山から旗振山、鉄拐山を通って
一旦、高倉台団地に降ります。

団地内のスーパーで弁当を調達した後は
Suma Alps03

348段もの階段を登り
横尾山の馬の背を目指します。

神戸に永く住んでおきながら恥ずかしながら
馬の背に来たのは初めてです。
Suma Alps04

高所恐怖症の私には過酷な場所でしたが
冷や汗をかきながらも、なんとか通過したのであります

Suma Alps05
なんとか馬の背を通過した後は
再び下山して妙法寺のコンビニで休憩した時
Suma Alps06

時既に15時を過ぎておりましたが
高取山山頂を経てゴールを目指すことになりました。

ヘロヘロになりながらも、なんとか高取山山頂に到達し
ゴールの鵯越駅に到着したのは18時でした。

40年以上生きておりますが
一日に3つの山を登ったのは初めてでして

思い出に残る楽しいハイキングになりました。


友だち追加
友達追加よろしくお願いします。

オリバーソース工場見学

異業種情報交換会に参加する時があるのですが

今回のみ特別にオリバーソース本社にて開催されました。
2017-11-25-03.jpg

会に先立って工場見学をさせて頂いたのですが

殆どの工程が自動化されており驚かされました。


瓶詰め工程

箱詰め工程

箱をパレットに載せる工程
2017-11-25-01.jpg

パレットを倉庫に保管する工程
2017-11-25-02.jpg

の全てが機械自動化されており
人の姿を見ることはありませんでした。

さすがに鍋でソースを撹拌するのは有人だそうですが
残念ながら見ることは出来ませんでした。

小学生以来の社会見学でしたが
楽しむことが出来ました。

工場見学は電話で問い合わせ出来るようです。


友だち追加

直島に行ってきました

ジオキャッシャーの友人に誘われて

香川県の直島に行ってきました。

Noshima02.jpg

所在地は香川県なのですが
実際には岡山県の宇野港からフェリーで30分ほどの

瀬戸内海に浮かぶ小さな島で
島の東西の長さは7キロ弱しかありません。

過疎化した街ではありましたが

島全体が現代美術館になっており
海外からも多くの観光客が押し寄せていました。
Noshima01.jpg

島の南半分はベネッセコーポレーションが開発した
地中美術館やベネッセハウス(ホテルと美術館)があり

直島を訪問する際の目的地になっていました。

美術には疎い私は展示物ではなく
海や自然を感じながら

島の南半分を徒歩で散策しました。
14km5時間程度の良い運動になりました。
Noshima03.jpg

美術と自然に興味のある方には是非お勧めの場所です。


友だち追加

青春18切符


少し前の話になりますが

夏期休暇に青春18切符を利用して
かねてから訪問したかった場所を一気に回ってきました
Kansai honsen

ディーゼルエンジンを搭載した気動車が好きなので
わざわざ関西本線を経由して三重県の桑名まで行ったんですが

ゆっくりと山岳路を走るので
家を出てすでに5時間が経過しておりました。

桑名から阿下喜までは、この旅の目的である
現存する数少ないナローゲージ路線である

三岐鉄道の北勢線に乗ってきました。

線路の幅が762ミリしかない
遊園地のような列車なのですが

sangi railway

時速30km程度で、ゆらゆら揺れながら
田畑の中を進んでいきます。

終点の阿下喜駅には
軽便鉄道博物館があり
子連れにはお勧めの施設があります。

この日は暴風雨になってしまい
神戸に帰ってくるだけでやっとでした。

翌日は新快速で長浜まで一気に行き
長浜浪漫ビールを堪能しました。

Nagahama Roman

よくある地ビール飲ませてくれるんですが
意外にソーセージが絶品でお勧めです

長浜の古い街並みを観光した後は

愛知県在住の友人から勧めてもらっていた
大阪ミナミの重亭で夕食にしました。

shigetei1.jpg

昔ながらの洋食店の雰囲気のなか
大ママさんの人柄と丁寧な接客は

shigetei2.jpg

他府県から長年通っているお客さんもおられるようでした。

こちらのお店は超オススメ店です!

洋食好きなかたは是非訪問されてください。

友だち追加
LINE@始めました
友だち追加よろしくお願いします。

津山まなびの鉄道館を訪問しました

岡山県北部の津山市には

1936年に建築された扇型の機関車庫が現存しています。

京都の梅小路についで二番目の規模だそうです。

利用頻度の少なくなった車庫を

2016年にリニューアルオープンしたのが

津山まなびの鉄道館になります。
2017-07-02-01.jpg


神戸から津山までは結構距離があるので

なかなか行けずじまいだったんですが

作用のひまわり畑と絡めて訪問することにしました。

駐車料金無料!

入園料金300円にしては楽しめる施設だと思いました。

鉄道に興味がない人にはお勧めできませんが
2017-07-02-02.jpg

子供を遊ばせるには安くてお勧めの施設です。

灘五郷の中にある魚崎郷

エスペランサ魚崎や魚崎コーポが建築されている地域は
古くから魚崎郷と呼ばれており灘五郷に属しております。

灘五郷は室町時代から受け継がれる日本一の酒どころです。

一般的に灘の酒は、山田錦を硬水で仕込み
強く発酵させ短期間で製造される辛口の日本酒にですが

今日は魚崎郷の工場並びに試飲ができる店内を散策してきました。
浜福鶴吟醸工房

東から浜福鶴吟醸工房
浜福鶴吟醸工房桶

駐車場には製造で使用する桶が展示しています。

広くはない店内ですが
拘りのお酒を、拘りの杜氏が説明してくれます。
浜福鶴吟醸工房店内

取り引き先の税理士に紹介してもらった酒蔵ですが
魚崎郷では一番のお気に入りになっています。

浜福鶴の隣りにあるのが櫻正宗です。
櫻正宗工場

浜福鶴とは違って道路を挟んで
展示館と工場があり規模の大きさを感じさせられます。
櫻正宗道路

宮内庁御用達の看板があり由緒ある酒蔵のようで
櫻正宗看板
櫻正宗店内

超高級な純米大吟醸酒も販売されてました。
櫻正宗高級

高給櫻正宗から西に行くと住吉川を渡り
魚崎郷
住吉川河口

渡ってすぐの場所に菊正宗があり
日本酒の製造方法の展示物がありました。
菊正宗の由来
菊正宗看板

さらに西に行くと、大工場の白鶴があるのですが
16時までの入館となっており見学はできませんでした。
白鶴

酒好きにはたまらない地域が魚崎にあります。

エスペランサ魚崎

魚崎コーポをよろしくお願いします。

佐用町のひまわり園

佐用町の宝蔵寺で開催されている

ひまわり園を家族で訪問してきました。
sayou himawari

町内の6箇所の畑を順番に開花させており

7月上旬から8月上旬まで楽しむことができます。

私が訪問した時は、少し早かったようですが

それでも見事な咲き誇りでした。

ひまわりだけでなく、お米や野菜も販売しています。

神戸市からだと2時間以内で到着できるお勧めの場所です。


佐用町のホームページ
アクセスカウンター
プロフィール

専務取締役

Author:専務取締役
勤務中に犯人逮捕協力し、生田署長より、のじぎく賞を頂きました。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる